「日記」タグアーカイブ

住宅費に教育費26

中古のマンションを買いローンを組みました。住宅ローン減税が終わる頃にたまったお金で繰り上げ返済する。子供は一人で、部屋数もちょうどよいし、夫婦で毎月積み立てることで教育保険には入らずにまかなうつもりでした。
そんな中、思いがけず第二子を出産しました。生活費は大きくは変わらないでしょうけど、これからの教育費用は倍になると思った方がよいのかなと思い、どうやって捻出しようか頭が痛いです。
住宅ローン減税は購入後の十年までとのこと。その頃は上の子供が中学受験をどうするか考える時期です。受験をするかどうかで繰り上げ返済の金額は変わってきますが、出来ることなら地元の公立にいってほしいものです。
保育園のうちは習い事をさせる予定はないのですが、小学校にあがったら、そんなわけにはいかないと思いますので、習い事の月謝も考えていかないといけませんよね。
普段の生活は慎ましくしているつもりです。これ以上どこを節約すればよいのか…。
夫婦ともに大きく収入が上がる可能性は低く、世帯収入としては平均以下くらいです。主人は一年ごとの年俸制ですし、雇用の継続も毎年ビクビクしてしまいます。
今後は、まずは格安スマホ屁の変更をして、通信費を安くすることと食費のムダをもう一度確認して貯金を頑張らないといけないなと思っています。

12お金を貯めることが苦手

子どもが卒業後にこんなことをしたいと将来を語日始めたのをきっかけに、夫婦でお金について話し合いました。
恥ずかしい話ですが、夫婦でちゃんとゆっくりお金の話しをしたのは結婚後なんと初めてかもしれません。夫婦揃って今あるお金は今欲しい物に使ういわゆる浪費家なので明確な家計状況や将来必要なお金について共有していません。年内に使うお金くらいは把握していますがそれでも税金の支払いを忘れていたり、来年かと思っていたら車の車検が実は今年だったということもわりとあります。
私達がお金をためるために身につけなければならないことはまずは自分達が将来必要な金額を知ることです。
家族の「必要経費」を年表にするなど視覚化して「年間目標貯蓄額」を把握してから全ては始まる気がします。
「必要貯蓄額」が決まったら毎月それを貯めていくのが理想です。お金だけではなく思いつきで行動する旦那にはこれを機にもうちょっと計画的に行動してもらいたい。
「必要貯蓄額」は余裕があり貯まっていく「貯蓄」とは違い、いずれ使わなければならない必要なお金なのですから月々の貯蓄額を決めたらとにかく貯めること。そして貯蓄の口座を生活費口座とは別に設け、お金が溜まってきたことを忘れることが大切です。過去、まとまったお金ができると嗅ぎつけた旦那が車を買ったりするので一向に大きな金額にはなりません。それは旦那が何のために貯めたか目的を知らないせいでもあります。
私も大きな金額でなくても何となくそこから使ってしまう悪い癖があります。「臨時支出」を別途取り分けておかないと、少しまとまってお金を出す様な機会に何かと貯蓄に手をつけてしまうのです。
一年の被服費や歓送迎会の時期の交際費なども予算立てしておきたいし、貯蓄には手をつけない方法を身につけたいです。
年間支出額を12等分すれば毎月の支出額も決まってきますので見通しをたてて、しっかりやっていきたいです。
親として子供の夢を経済的理由で諦めさせたくないのは夫婦一致している考えなので頑張りたいです。