映画もののけ姫

今日は2016年8月5日金曜日です。
今日のロー金曜ロードショーは 映画もののけ姫です。
もののけ姫で主人公となっているアシタカは、一人呪いを受けて、 西側の国へと旅立って行くのです 。
明日川 祟り神となってしまった猪の呪いを受けて、その呪いで腕が 変形してしまっています 。
間違いました。
赤いあざがすっかり大きくできてしまっています。
物語が進行するにつれ、アシタカの腕のあざはどんどんどんどん大きくなっていきます。
それとともに明日がの寿命もどんどんどんどん縮まっていくのです。
明日が途中何人もの人を殺していきます。
朝から犯す人殺しのそういうものは罪とされていないと私は思います。
なぜならば途中で人を殺しても明日がの腕のあざは大きくなっていないのです。
人を恨んでそしてを殺してしまうものを恨んで、そして獣を殺してしまう恨みというものは、どれほど大きい呪いとなるものでしょうか 。
憎しみ恨みというものは、どれほど大きいあたりであることでしょうか。
その事をこのアシタカの腕のアザは象徴しているように思います。