全日本ろうあ連盟

2016年4月に障害者差別解消法と、障害者雇用促進法が施行されました。
このことを受けて全日本ろうあ連盟は、 アル著書を出版しました。
よくわかる聴覚障害者への合理的配慮とはどういうそういう本です。
このジョジョは自治体からも大きな注目を集めています。
聴覚障害者は見た目では障害があることがわかりにくいため、その障害者差別が理解されにくいことが特徴の一つです。
聴覚障害者とコミュニケーションについて理解を深めて 、手話がよく用いられています 。
むかしむかしと言うか、今から20年位前のテレビドラマですが愛していると言ってくれというドラマがありました。
聴覚障害者にとっての合理的配慮は 、手話など見て目で見てわかる情報提供を保証することだとされています。
聴覚障害者の多くの人たちその後 ごめんね。
例えば教育現場では 聴覚障害の生徒が地域の学校や専門学校大学に通っても 、まず手話ができる教員がいないということが挙げられます。